パニック障害 ITエンジニア2児の父

ある日突然「パニック障害」になり、今も病気と戦いながらITエンジニアとして働く2児の父。 パニック障害発病から今を書き溜め、同じ症状の方の役に少しでも役に立てばと思い書いて行きます。

パニック障害発病!

スポンサーリンク

東京都内でITエンジニアとして働く私は、普通のサラリーマンとして毎日電車で通勤をし、仕事をして大切な家族を支える。
そんなごく普通のサラリーマンです。

そんな私がパニック障害と診断されるまでをお伝えします。


パニック障害と診断されるまで

30歳頃でした。
何か変だな??と思ったのは朝の電車での通勤時。
いつも空いていても運動不足解消!と思い、立って外の景色を眺めていたのですが、どうにも違和感が。。

息苦しく、めまいがしてくる。
昨日飲みすぎたか??
なんて思ってると、心臓がバクバクしてきて立つのもしんどい。。。

幸いにも会社まであと少しだったので、そのまま我慢をして出社。
自席に着くとさっきまでの苦しさはなんだったんだ?と思うほどケロッと復活。
そのままいつもの通りに仕事をして帰宅。
朝の苦しさなんてもう忘れていて、家で美味しく晩酌タイム。。。
診断される2ヶ月くらい前の出来事です。

気がつけばこの症状が1週間に一回、3日に一回、さらには帰る時も、、、、
流石に飲みすぎじゃないよな。。
疲れてんかな。。。。
30になったら体質変わるって言うしな。。

なーんて自分をごまかして生活してました。

苦しいのも電車に乗っている時だけ。
仕事中も、同僚と飲んでる時も、家族と遊んでる時も全くの普通。健康そのもの!
たまに調子悪いなーとだけ思ってた。。。
診断から約1ヶ月前の出来事です。

週末は車を運転して、ホームセンターに行ったりするのですが、車の運転中にも異変が。。
電車に乗ってる時に感じてた、息苦しさ、めまい、心臓がドキドキ。。。

これはちょっとおかしいな。。
と思ってたら症状が加速してきました。

今までの症状に加えて、
手足と顔に汗がビッショリ。
意識がふわーっとなくなる感じ。
足に力が入らなくなり、立ってられない。

気がつけばほぼ毎日。
もう普通に通勤、車の運転、何もかもが辛くなってきました。

お客様との会議中にも発動して、離席してトイレにこもったり。
車も数分おきに停車して、落ち着くのをまったり。。。

でも、不思議な事に数十分すれば治っちゃうんです。

症状悪化 自分を騙すのも限界

周りには、ちょっと調子悪いだけだから!ごめん!あとちょっとだけ待って!
とごまかしてきました。

限界だったんですかね。
ある日の仕事帰り、いつものホームで電車に乗ろうとしたら、どうしても電車に乗れない!
あれ。。。
まぁ次の電車乗るかー。と思ってもドアに足を入れると、どうしようもない怖さで乗れない。
ホームのベンチに座って、電車来たら乗ろうとしてやっぱり無理でベンチへの繰り返し。

帰れない。どうやっても帰れない。帰りたいんだけど。電車が。。。

嫁さんに電話して正直に話しました。帰れないと。。。
なんか恥ずかしい気持ちもあったけど、帰れない、辛いことを事細かに話しました。
30分くらいたっと思うのですが、その間ずっと大丈夫だよ、と電話で声をかけてくれてなんとか電車に乗ってかえることができました。

その日のうちに嫁さんが色々病院に電話してくれて、一つの病院だけ予約が取れました。
始めて診療内科というものへ行きました。ヒヤリングなどを経て、パニック障害ですね。と診断されました。

これから色々と私の症状や病院など、経験してきたことを書いていこうと思います。

同じ症状で困っている方の気づきや参考の一つになればと思います。

スポンサーリンク