パニック障害 ITエンジニア2児の父

ある日突然「パニック障害」になり、今も病気と戦いながらITエンジニアとして働く2児の父。 パニック障害発病から今を書き溜め、同じ症状の方の役に少しでも役に立てばと思い書いて行きます。

通院開始後 半年くらい

スポンサーリンク

パニック障害と言われて通院開始してから半年くらいに起こったことをお伝えします。

日常生活

実はこの間に転職しました。同業他社へ。

パニック障害発症したの要因の一つかな?と思うのが、前職での激務もありました。

よくIT土方?と呼ばれるように、忙しいイメージを持たれるかたもいると思います。

私が所属していた会社はまさしくそうで、徹夜続きも当たり前。会社に着替えと歯ブラシ、ひげ剃り、寝袋を用意していたくらいですから(笑)

そんなわけで、もうやってられるか!となり、転職しました。

(今思えばこれが原因じゃないかな。。働き過ぎてたかも。。。。)

さて、環境が変わったということが吉と出るか凶とでるか。。。不安でした。。。

抗不安薬飲んでても不安でした(笑)

この時の薬の飲み方は、変わらず「リーゼ」を朝、昼、会社帰り。と3回を定期的に飲んで、症状が出た時、なんか出そうだな、と思った時に追加で飲むというのが習慣になっていました。

病院にも月1回毎回通っていて、先生に報告して薬の飲み方や症状を治していくにはどのようにしたらいいか?とアドバイスを頂いていました。 (先生からのアドバイスなどはまた別の機会に紹介できればと思います)

半年も経つと慣れてくる

まだまだ、ふっといきなりパニック症状が襲ってくることがあります。

でも半年経ってこの症状に慣れてくるというか、以前より精神的な辛さは少なくなってきました。

もちろん症状が出た時は本当に辛いです。もう今すぐ死んでしまうのではないか?と思います。

けれど、こいつはあと少しで消える。薬も飲んだ。大丈夫大丈夫大丈夫と自分に言い聞かせ続ける。大抵は長くても30分くらいで落ち着くので、ケロッと元通り。

これを繰り返していると、本当に慣れます。辛いけど慣れます(笑)

ここまでくればあとは怖くて避けていたもの。そう、過去に症状が出てなんとなく避けていた場所や行動に少しづつチャレンジしていきました。僕がよく出てたシチュエーションはこちら。

・車の運転

こいつは近ければいいけど、まだ遠くへいける自信がないな。。。

・電車

会社に行くのにしかたなく乗ってます。まだたまーに症状が出ます。なるべく空いている車両を狙って座れるようにするなど工夫してます。

・会議

こいつが転職してからガクンと減ったので今の所問題なし!

・大きな音がするところ

中華料理屋とか、元気な店員さんいるところのランチとかが辛かったのですが、これもなるべくいきつけのところへ行く、という工夫で乗り切ってます。

・眩しいところ

これは、、、まだやっぱり辛いです。大丈夫な時もあるのですが、発生する条件がわからないので、なるべく避けるしかないです。。。

こんなところですね。

半年で治る方もいると思います。私もうまくこの病気と付き合いができてきたと思ってます。 あとちょっとのはず!

次回も、この続きをお伝えします。

スポンサーリンク